ビーグレン クレイロ―ション 成分

ビーグレンのクレイローションに入っている成分を調べてみました

ビーグレンのクレイローションに入っている成分を調べてみました

 

ビーグレンのクレイローションに使われている成分についてどんなものを使っているのか?安全なものなのかを調べてみました。

 

ビーグレンのクレイローションに使われている成分は以下のようです。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

昔から生薬としても使われていて、お肌の炎症を鎮めてくれる力があります。
また、ニキビの炎症を緩和してくれるとされています。

 

天然クレイ

うるおい成分の幕を作り、お肌を守ってくれる役割があります。

 

カミツレエキス

ビーグレンのクレイローションに入っている成分を調べてみました

保湿効果があるとされ、うるおいを与えてくれます。

 

ヒアルロン酸

優れた保湿力を持ち、その力でお肌の潤いを保ってくれます。

 

納豆エキス

ビーグレンのクレイローションに入っている成分を調べてみました

お肌の肌荒れなどのトラブルを防いでくれます。この納豆エキスに入っている「ポリグルタミン酸」というものがあり、この保湿力はヒアルロン酸よりも勝ってるのだとか。
(納豆ってお肌にもいいんですね・・食べるだけかと思ってました。

 

オウゴンエキス

環境によるお肌へのストレスからお肌を守ってくれます。また、皮脂が分泌される成分の元を抑制してくれる効果があるとされテカリを抑えてくれます。

 

クレイローションはお試しすることができる?

 

クレイローションは、単品でも試すことが出来ます。

 

クレイローションの詳細をもっと見てみる

 

ビーグレンでは、悩み別にプログラムが組まれていて、その悩みに合ったものがセットになっています。
クレイローションも、そのセットの中に組み込まれた1つになっています。

 

クレイローションが使われている悩み別のプログラムをまとめてみました。